★8月ブログ★

0

    こんにちは!

     

    残暑厳しい中、いかがお過ごしでしょうか?

    無理に我慢せず、冷房は適宜使用してこの暑さを乗り切りましょう!

     

    さて、8月半ばといえばお盆ですが、皆様ご実家には帰省されましたか?

    地域によっては精霊馬を作ったり、迎え火・送り火を焚いたり様々な風習がありますね。

     

    精霊馬で用いられるのは胡瓜や茄子が一般的です。

    胡瓜は馬に見立てられ、先祖の霊が足の速い馬に乗って早くあの世から帰ってこられるように。

    茄子は牛に見立てられ、足の遅い牛に乗ってゆっくりあの世に戻っていくように。また供物を沢山積めるようにとも言われています。

     

    最近は野菜に割り箸や爪楊枝を刺して脚を作るだけでなく、細かく切ったりくり貫いたりしてスポーツカーや飛行機を作られる方もいらっしゃいます。

    SNSに様々な力作が上がっておりますので色々探してみると面白いかもしれませんね!

     

     

    迎え火は、戻ってくる先祖の霊が迷わないように焚く目印。

    送り火は、お盆を家で過ごした先祖の霊を送り出す行事です。

     

    有名な京都の「大文字の送り火」もこちらに該当します。

    正式名称は「五山の送り火」といい、実は明治の初めから10年間ほど禁止されていたそうです。当時は文明開化に伴う近代化により、古い風習が蔑ろにされていた背景がありました。

     

    その後、再び開催されるようになりましたが、規模は徐々に縮小していったようです。

     

    現代の日本は昔と比較すると、家の様式が変わり、家族のあり方も変わり、火事の危険があるからと迎え火・送り火をしなくなり、お盆も簡略化されている所もあります。

     

    このような文化は日本独自のものです。様々な伝統行事を大切に守り抜いていきたいですね。

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM